2018.07.12 Thu

松岡 聡

良い美容師の選び方について。

”美容室ジプシー”なる言葉が世に出てからはや何年。
未だに良い美容師を見つけらず、点々と美容室を渡り歩いている方が多そうです。

たくさんの美容室の中から、自分に合ったお店、自分にあった美容師を見つけることは
とても難しいことと思います。

というわけで、今回は自分なりに”良い美容師の選び方について考えてみました。


”良い美容師”の定義は人によってそれぞれだとは思いますが、自分が思う”良い美容師”はキャリアを問わず、自分を磨き続けている美容師です。


美容師の技術の良し悪しは素人のお客様にはわかりづらい・・・という話を聞くことがありますが、仕事に向き合う姿勢は接客中の表情や技術などの説明の仕方から自然と伝わるのではないか思います。

美容師は常に成長を続ける仕事です。
(実際は多くの仕事がそうなので、美容師に限った話ではありませんが・・・)

新しい技術理論、新しい毛髪や薬剤の科学理論、新しいファッショントレンド、そしてお客様にマッチした接客をする為の接遇。
それらの情報に対して常にアンテナを張って取り入れていくことが必要であり
それを怠った途端に成長が止まります。

”お客様をもっと良くしてあげたい”
心からそう思って成長を続けている美容師が
”良い美容師”なのではと自分は思っています。

そんな美容師でずっといられるように毎日少しずつ成長していきます。
そんな美容師ばかりが仕事をするお店でありたいと思います。

まだまだ、自分もnellもがんばって成長していきます。
今後もどうぞご期待下さい。

と、ここまで持論を展開してみましたが、美容師が真剣に仕事に向き合っているかどうかは初見ではわからないので自分が思う”美容師選びのポイント”もお伝えしておきます。

1.自分とファッションのテイストが似ている美容師を探す。
  →趣味、嗜好が近いと共感できる部分も広く深くなる為

2.SNS、ブログなどの発信する内容や雰囲気がしっくりくる美容師を探す。
  →文の書き方や写真の雰囲気からキャラクターが読み取れます

3.自分がしたいヘアスタイルを本人がしている美容師を探す。
  →スタイリングの仕方がわかりやすく聞ける

4.自分と髪質が似ている美容師を探す。
  →髪質による悩みの対策は同じ髪質の美容師が一番知っています

5.できれば3回は通う。
  →その美容師の本質は1回では分かりません。
   カットベースの作り直しや、初回とは違う施術、次回提案、前回の振り返り等から
   美容師の仕事の本質が伺えます

以上、美容師サイドから考える”良い美容師”の選び方でした。

参考になれば幸いです。            

 【nell】ネル京都市役所前 代表 松岡 聡          

Newer

2018.7.22 Sun

年に一度の浴衣の日.。〇

Older

2018.6.24 Sun
夏に向けての対策◎

ご予約

ご予約は「お電話」もしくは「HOT PEPPER Beauty」にて承っております。

075-253-6676

HOT PEPPER Beautyで予約