2017.12.14 Thu

松岡 聡

薄毛をカバーするカット技術について。

気づけば今年も残すところあと半月になりました。
年が明けて暖かくなる頃は自分も38歳。

運動後の筋肉痛が中一日で来たり、立ち上がる時、座るときに”よいしょー”と自然に掛け声が出るなど、日に日にアラフォー感が出てきました。

そんな最近、毛髪科学の勉強に本腰を入れたせいもあってかお客様からよく薄毛の相談を受けます。

美容師がアラフォーならお客様もアラフォー。
ともに年を重ねていって下さるありがたい顧客の皆さま方。
年が近ければ、悩みも同じ。
自分も最近他人ごとではなくなってきたので真剣に対策を考えています。

ヘッドスパやスキャルプ系アイテムの使用、目立たないエクステ←導入検討中です
など、色々なアプローチがありますが、今回はカットで解消するお話です。

ちなみに今回はメンズパターンですが、女性のショートにも応用可能です。

というわけでnell独自の最新システムでスペシャルなカット技法を公開致します。


はい。
ごちらの彼が架空のnell非公認キャラクター43歳の練夫”ねるお”さんです。

色白で穏やかな性格。初対面が苦手。
おでこが広めで細い髪質。最近髪の量が前より減って額が広くなってきた感じがするのが気になる様子。
最近辛いものは控えめにしています。


このタイプの方は髪が長くなるとトップのボリュームがなくなり、前髪の間に隙間ができるので余計に髪が薄い印象になってしまいます。


そこで
まず前髪を大胆に短く切ります。
髪の毛は基本的に短くすればするほど密度が出るので前髪の隙間が目立たなくなります。


次に
バック耳下の髪を短くして後頭部に奥行きを出し、襟足を締めます。
そうすることで全体の髪のウェイト”重さがたまる位置”を持ち上げます。


最後に
トップからたくさんレイヤーを入れてボリュームを出します。
短く切った髪の毛は立ち上がりがつきやすくなります。


ついでに眉毛も整えてみたところ、とても明るい感じになりました。
なんということでしょう。とても嬉しそうです。

before


after

髪の毛ってすごいですね。
ヘアスタイル次第で見た目年齢もハッキリ変わってしまいます。

応用として、ここにワンカールのパーマを加えると髪が曲がる分だけ密度がさらに濃くなってしっかりとボリューム感が出ます。

ほ~・・・なるほどな~・・・・。と思って頂けていたら嬉しいです。
ぜひご参考に☆

さとC